社内と社外のデータ共有 | インターネットの引っ越し準備|情報通信サービスの有効活用

インターネットの引っ越し準備|情報通信サービスの有効活用

パソコン

社内と社外のデータ共有

PC

インターネット環境が全国各地に普及したことによって、多くの企業内部でデスクトップパソコンやノートパソコンが使用されるようになりました。パソコンはこれまで手作業で行なっていた資料作成や、データの集計を簡単に行なうことができる非常に便利な電子機器だといえるでしょう。また、パソコンで作成したデータは共有サーバーにコピーしたり、メールに添付したりすることで社内の同僚や、社外のクライアントへと簡単に共有することが可能となっています。ですが、社内のサーバーパソコンは保守運用のコストが発生したり、社外へ送るメールの添付ファイルには容量の上限が存在したりするなど複数の懸念点が存在するのです。
このような懸念点を一気に解決できる便利なwebサービスが法人向けのオンラインストレージとなっています。オンラインストレージと耳にすると、個人向けのサービスだと考える企業も多いですが最近では法人を対象としたプランも数多く存在するのでファイル管理の分野において有効的なのです。法人向けのオンラインストレージにはwebサーバーのようにアクセス権限を付与する機能が搭載されています。基本的に社内のデータを全てオンラインストレージ上で一元管理し、クライアントに共有したいファイルだけにアクセス許可を与える、という使い方もできるのです。また、有名なオンラインストレージサービスは新規の法人契約ユーザーを新規で3ヶ月間無料にするという非常にお得なキャンペーンを実施しているのでこちらも利用すると良いでしょう。